MENU

卓球ラケットのラバーを張り替える

当ページのリンクには広告が含まれている場合があります。

ラバーの張り替えって難しいイメージあるよね?

卓球ショップでラバーを購入した際に、ショップのサービスで張り替えを一緒にお願いする方も多いのではないでしょうか?

ショップ店員さんは1日に何人ものお客さんのラバーを張り替えているため百戦錬磨ですが、自身で張り替えるのは不安ですよね?

ただし、一度貼り替え方を覚えると案外難しくはありません!

自分で卓球用具をメンテナンスしたい方は、貼り替え方をぜひ覚えましょう!

目次

ラバーを張り替えてみよう

STEP
ラバー張り替えのアイテムを用意する
  • ラケット
  • 張り替えるラバー
  • 卓球ラバー用接着剤
  • ハサミ
  • スポンジ
STEP
古いラバーを剥がす
STEP
接着剤を塗る
  • 新しいラバーのスポンジに接着剤を塗る
  • ラケットに接着剤を塗る
STEP
ラバーを接着する
STEP
はみ出ているラバーを切る

STEP1:ラバー張り替えのアイテムを用意する

卓球ラバーを貼り付けるための用具

今回、ラバーを新しく張り替えするためのアイテムは主に5つを使用します。

①ラケット

古いラバーが貼られているラケットを用意します。

②ラバー

新しく購入したラバーを用意します。

③接着剤

必ず卓球ラバー専用の接着剤を使用します。
木工用等の接着剤で貼り付けてしまうと、次回交換ができなくなってしまいます。

④ハサミ

基本的には紙を切るようなハサミを使用して問題ないです。
刃が長くよく切れる裁縫用のハサミがあると切りやすいです。

⑤スポンジ

スポンジは接着剤を均等に均等に伸ばすために使用します。
食器用スポンジを切って代用することもできます。

STEP2:古いラバーを剥がす

剥がす前の古くなった卓球ラバー

ラバーがボロボロやないかい・・・

ここからは今まで使用していた古いラバーを剥がして、新しいラバーを貼り付ける準備をしていきます。
まずは、古いラバーを剥がしていきましょう。

優しく剥がす卓球ラバー

古いラバーを剥がしていくときにはグリップ部分の隅からゆっくり優しく剥がしていきます。

勢いよく剥がすとラケットの木目がラバーと一緒に剥がれてしまうので、絶対にゆっくりと剥がしていきましょう。

古いラバーを剥がすと、ラケット上板に接着剤のカスが残っている場合があるので、手のひらで擦って残らず取り去ってしまいましょう。

接着剤のカスが残っていると新しいラバーを貼り付けた際にデコボコしてしまいます。

STEP3:接着剤を塗る

ラバーを貼り付ける接着剤ですが、ラバーのスポンジ面、ラケットの上板に塗る必要があります。
どちらか一方のみでは貼り付けできないので注意しましょう。

新しいラバーのスポンジ面に接着剤を塗る

卓球用接着剤を塗る前にラバーをひっくり返す

ラバーのパッケージを開封すると、ボールの打球面であるシートが表面に収まっているので、接着剤を塗るスポンジ面にひっくり返しましょう。

ラバーのシートは繊細なので、接着剤がつかないように注意しましょう。

卓球用ラバーのスポンジ面に接着剤を出す

ラバーのスポンジ面を上側にし、接着剤を出していきます。

接着剤の量としては、10円玉サイズの量が適量と言われています。
個人的には、もう少し多めのサイズの量を出すことが多いです。

卓球用接着剤をスポンジを使って塗る

ラバーのスポンジ面に接着剤を出したら、スポンジを使ってムラが無いように塗り広げていきます。

縦に伸ばして、次は横方向から伸ばすと塗りムラが少なくなります。

卓球用接着剤を塗って乾かす

ラバーのスポンジ面に接着剤を全面的に塗れたら、接着剤の色が透明になるまで乾かしていきます。

室温や湿度によって乾燥までの時間は変わりますが、自然乾燥だと30分ほど待ちましょう。

ドライヤーを使用する場合は時間短縮になりますが、温風はラバーが膨張(変形)する気がするので、冷風を使用します。
また、一箇所に集中して風を当てずに、ドライヤーを動かしながらムラなく乾かしていきます。

ラケットに接着剤を塗る

ラバーのスポンジ面に接着剤を塗り終えたら、続いてラケットにも接着剤を塗っていきます。
要領はラバーと同じように塗っていきます。

卓球ラケットに接着剤を塗る

接着剤てんこ盛りじゃない・・・?

ラケットの上板にもラバーと同じように接着剤を塗っていきますが、画像では接着剤を出しすぎました。

ラバーのスポンジ面より塗る範囲が少ないので、気持ち少なめの接着剤でも問題ないと思います。

卓球ラケットに接着剤を全体に塗る

ラケットにも接着剤を塗ったら、接着剤の色が透明になるまで乾かしましょう。

卓球用接着剤が乾いて透明になる

接着剤が乾燥すると、色が透明になり、触ってもペタペタという感触になります。
ここまでで接着剤の作業が完成です。

ラバーを接着する

いよいよラバーを張る瞬間だね

ここからラバーとラケットを接着していきます。

この作業が一番神経を使う作業です。

失敗してもやり直しはできますが、ラバーのスポンジ面の接着剤を取るのにめちゃくちゃ時間がかかります。

卓球ラバーとラケットを貼り合わせる

ラバーをラケットに貼っていく際には、ラバーは下側、ラケットのグリップ部分から貼り合わせていきます。

ラバーとグリップの中心を合わせて貼っていきましょう。

卓球ラバーをスプレー缶を使って貼る

ラバーの下側をラケットにくっつけたら、ラバーを少し丸めながら、空気が入らないようにゆっくり貼り合わせます。

画像のようにスプレー等の筒状のものがあれば転がしながら貼り付けると簡単です。

ラバーを引っ張りながら貼るとラバーが変形してしまうので注意!
スプレー缶を使う時も力を入れずに転がしていきます!

卓球ラバーを力を入れて接着する

ラバーがラケットの前面に貼り付けできれば、しっかり接着するために力を入れながら押し付けていきます。

スプレー缶を使う時はラバーを傷つけないように押し付けて転がします。

はみ出ているラバーを切る

卓球ラバーをハサミで切る

いよいよ最後の作業では、ラケットに貼り付けたラバーを切っていきます。

ラバーを切るポイントは、なるべく刃の大きなハサミで、大きく刃を開いて切ることです。
そうすることで切りあとがズタズタになりにくく、綺麗な仕上がりになります。

ラバー張り替えの完成

卓球ラバーの貼り替えが完成

これでやっと完成だね

いかがだったでしょうか?
ラバーの張り替えは卓球ショップに依頼するだけではなく、自分自身でも簡単に張り替えられそうではないでしょうか?

いまはネットショップでも卓球アイテムを購入しやすいので、ぜひご自身でも張り替えてみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次